東北のじっちゃん、ばばちゃ、みんなさ
いい事いっぺ来い来いどーんと来い!

Tohoku Rokken Roll Show!

白崎映美&東北6県ろ〜るショー!!

みんなさいいこと、どんと来〜い!
東日本大地震をきっかけに生まれた
東北6県ろ〜るショー︎!!
泣いてる人も、ひとりぼっちの人も、仲間になりたい。

世界中の仲間たち
あなたも私もみんな
東北6県ろ〜るショー!!

明るく楽しくなるように、みんなで歌おう笑おう!

                    白崎映美


上々颱風(しゃんしゃんたいふ~ん)のヴォーカリストとして活動してきた白崎映美が、東日本大震災を経て「イサの氾濫」(木村友祐 著)との出会いに東北人の血がたぎり、2013年にバンド結成。

かつて”まづろわぬ民”(従順でない、迎合しない、という意)と呼ばれた東北人スピリッツを胸に抱き、東北出身の音楽家や東北を想う指折りのミュージシャンが集結。

ロック、ジャズ、歌謡、民謡などをぶちこんだ雑食性に、東北の土着感満載のサウンドに様々な日本文化とのコラボレーションによるステージは 大熱狂間違いなし!

聞いて極楽、歌って天圀!

東北のじっちゃん、ばばちゃ、みんなさ、いい事いっぺ来い来いどーんと来い!

DISCOGRAPHY

  • 2014年1stアルバム『まづろわぬ民』
  • 2015年DVD「夏のぜんぶのせフェスティバル」

PAST SHOW

  • ジャパンフェスタ IN ADACHI @東京都足立区/GROWUP SPECIALLIVE@宮城県石巻市
  • 望遠閣LIVE@宮城県登米市/内外海 海のステージ 棚田ステージ@福井県小浜市
  • いいたてティー・パーティー @福島県相馬郡飯舘村/全労済ホール/スペース・ゼロ@東京都新宿区/アートラインかしわ2017@千葉県柏市/いわき湯本温泉 月まつり@福島県いわき市
  • Reborn-Art Festival@宮城県石巻市 等

SNS

MEMBERS

白崎映美(Vo.)

山形県酒田市出身。1990年上々颱風でデビュー。 東日本大震災を経て、木村友祐さんの小説「イサの氾濫」との出会いに東北人の血がたぎり、 2013年メンバーを集めバンド結成。ソロでの活動も多岐で、舞台やTV出演、執筆等も行っている。 山形県酒田観光大使、モッシェ山形代表理事。2017年酒田市よりふるさと栄誉賞受賞 。

小峰公子(ZABADAK)

福島県生まれ。1991年にkarakというユニットで キングレコードよりデビュー。吉良知彦のユニットZABADAKとデビュー当時より活動を共にし、作詩とヴォーカルを担当、2011年に正式メンバーとなる。TVCMは200曲以上、「Vガンダム」「狼と香辛料」「魔法使いの嫁」はじめアニメやゲーム、TV番組、演劇作品などへの詩や歌唱の提供も数多い。2014年3月に、物理学者・菊池誠氏、漫画家・おかざき真里氏との共著『いちから聞きたい放射線のほんとう~いま知っておきたい22の話』(筑摩書房)を刊行。2016年、夫でもある吉良知彦の逝去後もzabadakとしての活動を精力的に続けている。

山口とも(Vo.)

廃品打楽器 。つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入る。95年以降「音楽=音を楽しむこと」をモットーに、様々な年齢層の人が楽しめることを目指し、 廃品打楽器を使った独自のパフォーマンスを展開する。一度見たら忘れられない希有なキャラクターが世間から評価を受け、 NHK教育テレビ「ドレミノテレビ」他、テレビ出演多数。ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者。▶︎HP

岡田修(津軽三味線演奏家)

山形県酒田市出身。18歳の時に東京で津軽三味線に出会い、稽古を始める。 その後、津軽の山田千里師匠の音に出会い、山田師匠に師事する為に津軽へ旅立つ。23歳。 5年間津軽で修行し、最後の年に津軽三味線全国大会のチャンピオンになる。津軽の匂いを大事にしつつ、海外や日本各地で演奏活動を展開。 普段はソロステージで活躍。

伏見蛍(G.)

東京都出身。 2013年頃より白崎映美と様々なライブユニットで共演。 また自身のインストユニット「Crooked Sun (クルッキドサン)」をはじめ、多方面に渡りライブやレコーディング等に参加している。

西村直樹(Ba.)

17歳からベースを弾き始め、1996年上々颱風に参加、全国各地で「お祭りライヴ」を展開。 バンドのメンバーとしてドイツ、インド、韓国への国際交流公演に参加。スタジオジブリ作品『平成狸合戦ぽんぽこ』の映画音楽にレコーディング参加。 ウッドべース、エレキべースを操つる。様々なアーティストのサポート、プロデュースで活躍。

星衛(Vc. 和笛,獅子舞)

1959年生まれ。幼少期をアフリカ大陸(ローデシア・現ジンバブウェ)にて裸足で過ごす。 チェロ、エレクトリックチェロで活動の一方、東京都無形文化財神田囃子を伝承、篠笛を吹き、獅子を舞う。 囲碁と落語と納豆と甘酒をこよなく愛す。講演や執筆活動も行う。詩誌「鹿首」同人。

クラッシー(Djembe. 鳴り物)

千葉県流山市出身。13、4歳の頃からドラムを始め、以来打楽器全般に興味を持ち、自然な流れでパーカッションを始める。 渡野辺マント氏、のなか悟空氏に師事。庄田次郎氏(tp)と共にニューヨークのストリートで1ヶ月間音楽修行、 北朝鮮、サハリン、国後島にて国際交流演奏など、数々のライブ活動を経て現在に至る。ポップスからフリージャズまで様々なジャンル、分野にて活動中。

江野尻知宏(和太鼓 Per.)

赤い褌を身にまとい和太鼓を叩くお祭り漢!渡野辺マント(上々颱風)に師事。 FUJI ROCK FESTIVAL 蔵王龍岩祭 橋の下音楽祭などに出演。ワイルドグリーンズ ticobo 山本達彦のメンバー。

ハラナツコ(Sax.)

クンクンニコニコ共和国、biobiopatata 、Shohei Takagi Parallela Botanica、川本真琴ビッグバンド、KERA SOLO UNIT、白崎映美&東北6県ろ〜るショー!!、真黒毛ぼっくす、その他にも多種多様なフィールドで活動中。 学生時代からのチンドン屋になる夢も紆余曲折で叶え、今や数少ない若手プロチンドン楽士として、2015年第61回・2017年第63回全日本チンドンコンクールで、チンドン芸能社美香チームに参加し優勝。 街角からホールまで、神出鬼没、全天候型のサックス奏者。

田村カズ(Tp.)

クンクンニコニコ共和国、かつしか動物公園、真黒毛ぼっくすなどに所属。

梅津和時(A.Sax.)

生活向上委員会オーケストラ,ドクトル梅津バンド、シャクシャインなど、数多くのバンドを創立。 忌野清志郎、イアン・デューリーらとの共演、また映画やダンス等との共演などジャンルを超えた活動で知られる。 現在の自己のバンドはジャズロック系のKIKI BAND、ジプシー系のこまっちゃクレズマ、ブルースを主としたA・K・I ブルースバンド、 さらには2017年からはドイツのエリック・シャイファーのバンド「Kyoto Mon Amour」などで世界をまたにかけ活躍している。

向島 ゆり子(Vl.)

ヴァイオリン、ビオラ、アコーディオン、作曲、編曲、たまに歌。 10代より活動をはじめる。 工藤冬里らとの「マシンガンタンゴ」や、久下恵生、篠田昌巳、今井次郎らとの「PUNGO」、梅津和時、巻上公一らとの 「ベツニナンモクレズマー」など様々なバンドに関わる。96年にはオリジナル曲を集めた「right here !!」を発表。 FM東京で特集番組が組まれたり、テレビ番組に楽曲が使われるなど各方面から注目される。

狛犬シスターズ

横山展子(狛犬てんこ)

役者・美術家。2014年、2017年風煉ダンス公演「まつろわぬ民」に参加。大漁旗、カセ鳥、電飾獅子舞、達磨娘など創作。現在、人形師・人形遣いを目指し修行中。

笹木潤子(狛犬じゅんこ)

秋田県出身。舞台役者、振付家、ダンサーとして活動中。 ビールとレモンサワーとたまに日本酒、チョコレートをこよなく愛します。 活動はTwitter@J_sassakieにて更新します。